飲食求人でエージェントを上手に使うには 

個人経営の飲食業

個人経営の飲食業での求人サイトで見るポイント

全国展開する大手チェーンの飲食店と異なり、個人経営の飲食店ではオーナー(店長)の人柄、考え方により働き方や募集する人材も大きく異なります。働く人の目的も様々ですが、ワインに精通した人、ビールの銘柄なら誰にも負けない知識の持ち主、飲食店での立ち振る舞いに優れた人物など、それぞれの特徴を活かした働き方が出来るのも飲食店の面白さです。特に個人経営の飲食店はこのような優れた人材の確保に必死です。求人サイトにも勿論募集を出しますが、只時給や勤務体系だけを見てもいまいち実態が把握出来ないのが実情です。そこで、求人サイトから店舗の特徴を読み取るポイントを押さえて、自分に合った職場に出会えるよう幾つかポイントを知っておきましょう。

求人を一目見た時、時給や勤務体系だけしか記載していない店は、往々にして実態が見えにくく、想像が困難であると断言出来ます。逆に店舗の画像や働いているスタッフの仕事に対する意見や感想を記載している店舗は透明性が高いと言えます。業務内容にホールスタッフだけでなく、どのような客層が多く、どういった対応が出来る人を求めているかまで記載していると、よりオーナーの実直さを垣間見る事が出来ます。

つまり、少しでも多くの情報を提示している求人サイトは信頼性が高く、その店の自信や実績もあると考えて良いでしょう。勿論記載している事が全て本当だとは限りません。理想はオーナーの顔写真が見られたり、顧客の感想や意見が掲載してあると安心です。1つ注意したいのは、やる気を全面に押し出して募集している店は若干不安です。誰も無気力で働きに出る人はいません。これから働く先を見つけようという人なら尚更です。そんな人達に対してやる気を求めるのは、サービス残業や無理なシフトの依頼があるとも考えられます。

前置きあってのやる気なら問題ありませんが、とにかくやる気のある人募集、というフレーズには気を付けたいものです。その店のスタッフの入れ替わり頻度も分かれば理想的です。あまりに人材の回転が速い店はそれだけ問題がある、と考えて間違いないでしょう。少なくとも1年以上働くスタッフが半数を超える店なら安心です。スタッフの平均年齢や、オーナーの店に対する考え方も重要ポイントです。どのような思想でその店を構えたか、実際に顧客に対してどのような気持ちで接しているかなど、オーナーの人柄が垣間見られる表記があれば、面接に行く価値があるでしょう。

Copyright© 2015 飲食求人でエージェントを上手に使うには  All Rights Reserved.